インターアクト地区年次大会

平成27年8月23日〜24日の2日間、ロータリークラブの関係でインターアクト地区年次大会に参加してきました。



私の所属する宝塚ロータリークラブは、雲雀丘学園インターアクトクラブを支援しています。


インターアクトクラブとは、ロータリークラブにより提唱された、12歳から18歳までの青少年または高校生のための社会奉仕クラブです。


インターアクトクラブでは、毎年、地区ごとに(おおむね都道府県ごと)年次大会を開催し、クラブ間の交流を図るとともに、生徒たちのリーダーシップを高めるためのプログラムが実施されます。


今年度は「セーブネイチャー」というテーマで、特定外来生物について勉強したのち、環境保全実践活動を行いました。


私たちロータリークラブのメンバーも生徒たちと一緒に学習し、実践活動にも参加しました。


2日目は、残念ながらロータリークラブの例会日だったので、朝早くに出発したので、2日目のオリエンテーリングには参加できませんでした。


年次大会に参加するのは今回で2回目でしたが、前回同様、生徒たちの学ぼうとする積極的な姿勢に感動しました。


こういう活動に積極的に参加する生徒たちがこれからの日本を担っていってくれるのではないでしょうか。

「マイベストプロ神戸」の取材を受けました。

    ↓

日々の活動をフェイスブックで紹介しています。