ご挨拶


■ プロフィール 

 

昭和63年 大阪府立大手前高校卒業 

平成 7年 神戸大学法学部卒業 

平成12年 司法試験合格 

平成14年 大阪弁護士会弁護士登録 

平成21年 梅田新道法律事務所パートナー弁護士就任 

平成24年 兵庫県弁護士会に登録変更し、本事務所にて執務開始

平成26年 兵庫県弁護士会伊丹支部副支部長

平成27年 宝塚商工会議所青年部理事


■ ご挨拶

 

 私は、高校生のとき、自分の進路を決めなければならなくなった時期に何を目指そうかと随分悩みました。「何か社会の役に立てる仕事がしたい。」ということ以外は何も決めていませんでした。

 図書館でいろんな本を読み、世の中でどんな問題が生じているのかを勉強しました。そして、家族、友人、学校の先生に相談しました。結論は簡単には出ませんでした。地球の砂漠化なども気になり、農学部へ進もうかと考えたこともありました。結局、法律の世界に入れば社会を動かすようなことができるのではないかと考え、法律家を目指すことに決めました。

 

 もちろん、目指すことを決めたからといって簡単に実現できるものではありません。まずは司法試験という大きなハードルを越えなければなりませんでした。恥ずかしながら、司法試験には8回も挑戦しなければなりませんでした。

 そして、ようやく、8回目で合格し弁護士になることができました。しかし、弁護士になったからといって、当然、すぐに「社会の役に立てる仕事」「社会を動かすようなこと」などといった大きなことができるはずはありません。


 私の場合、たまたま、弁護士登録をした平成14年10月に、ちょうど、薬害C型肝炎訴訟が提起されたところでした。弁護団では若手弁護士の参加者を募っており、弁護士になれたからには何か社会の役に立てることができないかと考えていた私は、すぐに、弁護団に加入させていただくことにしました。

 薬害肝炎弁護団では、弁護士としての力量の大きな弁護士が多数集結しており、ここでの勉強は私の弁護士人生の大きな礎になっています(現在でも、薬害肝炎弁護団は活動を続けております。)。

 

 その他にも、消費者被害弁護団や学習塾フランチャイズ被害弁護団などにも参加させていただき、弁護士としてのスキルを磨きながら、多少なりとも困っている人の役に立てたのではないかと思っています。

 弁護団活動の他にも、相続、離婚、交通事故、不動産取引、契約トラブル、企業法務、債務整理等各種法律問題を取り扱っております。

 

 これまで大阪で弁護士登録をして活動して参りましたが、弁護士登録10年目を期に、居住地である宝塚で地域の方のために貢献できればと考え、兵庫県弁護士会へ登録を変更し、宝塚で開業することに致しました。

 

 まだまだ、弁護士として学ぶことは多く、毎日が勉強だと思いながら仕事をしています。どのような案件でも、「社会の役に立ちたい」と思って弁護士を目指した初心を忘れないように、これからも、丁寧に、一つずつの案件に向き合っていきたいと思っております。

 

平成24年1月

弁護士 木野 達夫

 


■これまでの主な活動

 

○薬害C型肝炎弁護団

○オーシャンベース被害弁護団(消費者被害) 

○学習塾被害弁護団(フランチャイズ被害) 

○大阪弁護士会公害対策・環境保全委員会委員 

○大阪市マンション管理支援機構常任委員 

○兵庫県弁護士会伊丹支部副支部長

○その他、相続、離婚、交通事故、企業法務全般、債務整理、刑事事件等

 

 


■ 所属団体 

 

○兵庫県弁護士会

○宝塚ロータリークラブ

○宝塚商工会議所

○薬害C型肝炎弁護団 

○公害対策・環境保全委員会 

○日本環境法律家連盟(JELF) 

○全国倒産処理弁護士ネットワーク

〇HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)薬害訴訟弁護団

 

 


「マイベストプロ神戸」の取材を受けました。

    ↓

日々の活動をフェイスブックで紹介しています。