◆ 不動産取引

 

 事業としてやっている方でない限り、不動産の取引は一生に何度もあるものではありません。金額も大きくなることが通常です。

 大金を払ってしまったけど、後になって、本当にこれで良かったのか?と思うこともあるかも知れません。

 例えば、土地を購入したけれど、建物を建てることができない土地だったら?販売業者が悪徳業者であれば、お金を持ってすぐに逃げるかもしれません。

 嫌な予感がしたら弁護士にご相談を。

 

不動産取引Q&Aはこちら

 

不動産取引(一般民事)弁護士費用はこちら